• 腰痛治療の神戸市灘区ちはや鍼灸接骨院トップページ
  • 高橋院長の紹介
  • 初めての方へ
  • 内観紹介
  • 料金について
  • 腰痛・交通事故治療などお問い合わせ

ためになるよくある質問

患者様から寄せられる質問に関して院長の高橋がお答えいたします!

画像

ためになる! よくある質問

<< 「ためになるよくある質問」にもどる

腰部のレントゲンは撮った方がいいですか??

2012.02.16 12:00

レントゲン検査は、

□ 重大な病変が潜んでいる疑いがある時

□ 手術を要する切迫した状態にある時

のみ、撮影をお願いしています。

理由は、

レントゲンが主に骨や肺の病変を描き出す画像診断機器として利用されており、

軟骨・靭帯・腱・筋肉は移らない為です。

その為、レントゲンを撮影しただけでは捻挫や肉離れ、ヘルニアは分かりません

そして、

レントゲンに、痛みは映りません!!

骨の変形が映っても、それが痛みの原因だと断定はできません。

それは健康な方(腰痛の無い方)の中にも、骨の変形を伴っている方が居られるからです。

画像診断は診断するための一つの検査です。

画像に振り回されないように!!

↓↓↓その他のギックリ腰の質問↓↓↓

Q:ギックリ腰の原因は??

Q:原因の分からない腰痛

Q:ギックリ腰の症状は??

Q:注意すべき病名は??

Q:注意すべき症状は??

Q:腰部のレントゲンは撮った方がいいですか??

Q:ギックリ腰は治療が必要??

Q:当院の腰痛治療方法

↓↓↓治療後の体験談↓↓↓

[特集]腰痛体験談Vol.1

[特集]腰痛体験談Vol.2

長年悩み続けた慢性症状でもぜひ高橋にご相談下さい。

事故状況から推測される
後遺症の原因をつきとめ、後遺症が
発生しにくい身体に戻します。

腰痛治療

腰痛は一生付き合う
疾患ではありません!

治療期間の短縮、
さらに固定しない治療の可能性。

肩の痛み

肩の痛みの原因は年齢によるもの
だけではありません。

安静にしていたら大丈夫でも、
使ったら痛い!
これって治ってるんですか?

長年の痛み、あきらめていませんか?

慢性腰痛をなおす!
ヒザの痛みをとる挑戦!

リラックスして治療に集中いただける
環境をご用意いたしました。

アスリートの治療で培った
治療方法について

培った知識と経験を
惜しむことなく大公開します!

院長のご紹介。

ご予約はこちらから

待合にはコミックが圧巻の量!
女性も男性も楽しめるセレクトです

ぜひご自宅でやってみて下さい。

治療についての心配事、
ケアの仕方等なんでも
お気軽にご相談いただけます。

1000枚のメッセージ


  • メディア掲載実績
  • 採用情報
  • 受付時間のご案内
  • 腰痛治療ちはや鍼灸接骨院
  • 腰痛治療のちはや鍼灸接骨院Facebook