• 腰痛治療の神戸市灘区ちはや鍼灸接骨院トップページ
  • 高橋院長の紹介
  • 初めての方へ
  • 内観紹介
  • 料金について
  • 腰痛・交通事故治療などお問い合わせ
トップページ >> 足関節捻挫

脚関節捻挫について

「なぜ当院の治療で他の整形外科や鍼灸接骨院で治らなかった症状が改善していくのか??」

こんな悩みを持った方が来院されています

・足を地面に着けようとすると足首に痛みがでる
・いつもは日にち薬で治る足首の痛みが今回はとれない
・試合や大切なイベントが近々あるにも関わらず、痛みが残っている
・整形外科でレントゲンを撮ってもらったが、骨には異常がないと言われた
・スニーカでは痛みが出ないけど、ヒールを履くと痛みが出る
・足首が緩く、捻り癖がついている
・慢性的になってどこに行っても改善しなかった

足関節捻挫で一般的に用いられる治療方法

街中やスポーツ中、不意に足首が捻られる事を経験した方も多いと思います
痛みが出現した場合、あなたはどのような処置を行いますか?

1.自宅で安静にする
2.整形外科に受診する
3.接骨院に受診する

捻挫をした時、まず考えないといけない事があります
それは、「痛みがどこからきているか(発症原因がどこか)」です

1.骨折を伴っている方
2.脱臼している方
3.靭帯が断裂している方
4.靭帯が部分断裂している方
5.腱に炎症がある方
6.神経炎がある方

様々な原因があります

レントゲン・CT写真

1や2は写る確率が高いですが、3~6の状態は判断できません

MRI

1~5までが映る確率が高いですが、値段も高い
よほどの事が無い限り撮影しません

エコー(超音波画像診断装置)

1~5までが映る確率が高いですし、予算面を考えてもリーズナブル

触診

1~6まですべて判断つきますが、熟練の技術が必要です

では次に処置について考えてみましょう

ギプス固定

強度の骨折や脱臼時には必要になりますが、固定しっぱなしにするとリハビリが大変

装具固定

靭帯損傷や骨折・脱臼時に使用されます、ギプス固定に比べその時の症状や状況をみながら固定強度を変更出来る点が良い
強度の骨折や脱臼には固定の強度が足りない場合もあります

包帯固定

軽度の靭帯損傷や腱・神経の炎症に使用されます 取り外しが出来る事、自宅でまき直しが出来る事が良い

湿布

ほとんど効果がありません(よくある質問をご覧ください)

アイシング

患部の必要以上の炎症を取り除く事が可能です
どの発症原因にも対応してます

理想はしっかりとした原因を明確にする事、自宅では積極的に冷やす事、
痛くない動作は行っていく事が大切です

上記にプラスアルファ―で原因を取り除くための治療を行います


ここで実際に来院された患者さんの声をご覧ください

S・Rさん 20歳女性 学生 神戸市在住

画像

匿名さん 59歳女性 主婦 神戸市在住

画像

▲ページのトップへ

長年悩み続けた慢性症状でもぜひ高橋にご相談下さい。

事故状況から推測される
後遺症の原因をつきとめ、後遺症が
発生しにくい身体に戻します。

腰痛治療

腰痛は一生付き合う
疾患ではありません!

治療期間の短縮、
さらに固定しない治療の可能性。

肩の痛み

肩の痛みの原因は年齢によるもの
だけではありません。

安静にしていたら大丈夫でも、
使ったら痛い!
これって治ってるんですか?

長年の痛み、あきらめていませんか?

慢性腰痛をなおす!
ヒザの痛みをとる挑戦!

リラックスして治療に集中いただける
環境をご用意いたしました。

アスリートの治療で培った
治療方法について

培った知識と経験を
惜しむことなく大公開します!

院長のご紹介。

ご予約はこちらから

待合にはコミックが圧巻の量!
女性も男性も楽しめるセレクトです

ぜひご自宅でやってみて下さい。

治療についての心配事、
ケアの仕方等なんでも
お気軽にご相談いただけます。

1000枚のメッセージ


  • メディア掲載実績
  • 採用情報
  • 受付時間のご案内
  • 腰痛治療ちはや鍼灸接骨院
  • 腰痛治療のちはや鍼灸接骨院Facebook